自宅で行うオーラルケア方法

健康な歯を維持するためには歯科の定期検診が大切

と聞いて普段のオーラルケアに取り入れましたが、電動歯ブラシを強く歯に当てすぎたことで詰め物が取れてしまった経験があります。
基本的に電動歯ブラシは軽く歯に当てることが基本のお手入れとなるので、汚れを落とそうとして長時間歯にあてたり、強く押し付けるようにすると歯の表面をコーティングしているエナメル質を削ってしまう原因になるので、それ以降は使用していません。
現在はブラシ部分が柔らかめのタイプを選んで使用するようにしており、歯への負担を最小限に汚れをきちんと落とす意識を持つようにしています。
また研磨剤が使用されていない歯磨き粉は歯への負担が少なく安心ですが、やはり歯の表面に付着する色素汚れを落とすことができませんでした。
そのため定期的に歯科に通ってクリーニングをしてもらうことも健康な歯を維持するためにも大切だと学びました。
日頃のケアは歯への負担を減らすケアを心がけ、定期検診でクリーニングをお願いすることが1番の口内ケアだと思い、これからも無理をせずにできるだけ長く続けたいと思っています。

適切なオーラルケアを行うために見直した点発泡剤未使用の歯磨き粉と唾液腺マッサージ健康な歯を維持するためには歯科の定期検診が大切